学芸員とはどんな仕事??給料は大卒でも安い!?資格の取り方は!?

学芸員とはどんな仕事??給料は大卒でも安い!?資格の取り方は!?

この記事では
学芸員の仕事内容や給料、
学芸員になるための資格の取り方について
書いていきます。

学芸員といえば、
先日、山本地方創生相「学芸員はがん」
と発言し、物議を醸しています。
山本幸三大臣の失言や疑惑とは!?学芸員はがん??

この発言に対しては、
結構バッシングが起きていますね。

とはいえ、学芸員が実際
どんな仕事をしているか知らない人も
多いのではないでしょうか??

この記事を読んで頂ければ、
学芸員の方々の日々の苦労が
わかっていただけると思います。

というわけで今日の語り手は
『風立ちぬ』から堀越二郎さんです。

スポンサードリンク



学芸員とは??その仕事内容は??

やあみなさん、堀越二郎です。

今回は、学芸員という仕事に就いて
色々と話していきたいと思います。

まず学芸員という
仕事の内容についてですね。

学芸員は主に博物館に勤務していますが、
博物館といっても科学博物館や歴史博物館など様々あり、
また美術館や動物園、水族館に勤務している方もいます。

学芸員と一言で言っても
それぞれに専門分野を持っており、
それによって勤務する場所が異なります。

とはいえ日本の学芸員は数が少ないため、
欧米のキュレーターと呼ばれる
学芸員職に比べると、
扱う分野が広くなりがちです。

しかも彼らは、
好きなことを調査・研究だけしていたら
いいというわけではありません。

主な仕事内容は、
資料の収集や保管、展示、調査研究、
教育普及活動と多岐にわたります。

魅力的な展示を行うためには
企画力や運営力も必要です。

決して専門分野の研究だけが
できればいいとうわけではありません。

学芸員のこういったあり方は
いい面も悪い面もあると思いますが、
私はどうしても悪い面に
目がいってしまいます。

というのも、皆さんご存知のとおり
私は飛行機の設計技師です。

あ、知らない人は『風立ちぬ』を
見てくださいね。

で、もし私が飛行機だけでなく、
自動車も船もやれと言われたら、
それは手がまわらないに決まっています。

それによって得られるものも
あるかもしれませんが、
本当の専門分野を深く極めるというのは
なかなか難しくなってくるわけですね。

なので、学芸員の皆さんの中にも、
仕事以外の時間を使って、
ご自身の研究活動をされている方も
たくさんいらっしゃいます。

 

スポンサードリンク


 

学芸員の給料は大卒でいくら??

ではそんな学芸員の方々は、
どれくらいの給料を貰っているのでしょうか。

大体ではありますが、
最初は月給15~20万円年収250万~400万程度です。

全年齢を対象にした平均給与は
433万円だそうです。

ただこの額は、
国立の美術館や博物館で働いている方も
対象にしています。

彼らは学芸員の中では
比較的いい給料をもらうことができ、
安定もしていますが、
民間の場合はもっと安いと考えていいと思います。

まあとにかく、
研究活動が本当に好きじゃなきゃ
やってられない仕事なわけですね。

とはいえ上でも述べたとおり、
研究活動だけしていればいいわけではなく、
チラシ作成などの雑務
学芸員がやらなければいけない場合があります。

それすらも苦にならないほど、
研究が好きじゃないといけないわけです。

ちなみに私は、
総合商社に勤めながら、
飛行機の研究をしていました。

好きな研究をして、
少なくない給料をもらえたわけです。

かなり恵まれた環境にいたと
いえるでしょうね。

 

スポンサードリンク


 

資格の取り方は??

続いては資格の取り方です。

資格の取り方は4つあります。

 

1.大学で指定の科目を履修して卒業し、学士を取得

これが最もメジャーな取り方です。

そして最も簡単な取り方とも言えるでしょう。

ちなみに必要な科目はこんなのがあります。
  • 生涯学習概論2単位
  • 博物館概論2単位
  • 博物館経営論2単位
  • 博物館資料論2単位
  • 博物館資料保存論2単位
  • 博物館展示論2単位
  • 博物館教育論2単位
  • 博物館情報
  • メディア論2単位
  • 博物館実習3単位
 

2.大学に2年以上在学し、指定の科目を収め、3年以上学芸員補として勤務

これも比較的簡単な取り方ですね。

指定の科目だけ取り、
あとは実務経験を積めばいいだけですから。

ちなみに、
もう大学を卒業しちゃった人とか、
大学を出ずに就職した人も
あきらめる必要はありません。

大学の通信教育で資格がもらえるところもあるからです。

中にはwebのみで完結するところもあります。

そういうのを活用すれば、
社会人の方でも仕事と両立しながら
資格を取ることも可能だと思いますよ。

 

3.学芸員資格認定審査に合格

3つめは、審査に合格するという方法です。

この審査とは、
著書、論文、報告、展示、講演、
その他の実務経験を審査するというものです。

基本的には何らかの成果物が
必要になってくるわけですね。

面接もあるので、
そのための対策も必要になってくるでしょう。

しかも、この審査を受けるには、
以下の条件があります。

1.修士若しくは博士の学位又は専門職学位を有する者であって、二年以上学芸員補の職にあった者
2.大学において博物館に関する科目(生涯学習概論を除く。)に関し二年以上教授、准教授、助教又は講師の職にあった者であって、二年以上学芸員補の職にあった者
3.次のいずれかに該当する者であって都道府県の教育委員会の推薦する者
(1)学士の学位を有する者であって、四年以上学芸員補の職にあった者
(2)大学に二年以上在学し、六十二単位以上を修得した者であって、六年以上学芸員補の職にあった者
(3)大学に入学することのできる者であって、八年以上学芸員補の職にあった者
(4)その他十一年以上学芸員補の職にあった者
4.その他文部科学大臣が前各号に掲げる者と同等以上の資格を有すると認めた者

上の二つに比べると、
なかなかハードルが高いことが
わかっていただけると思います。

逆に言えばこの審査を受ける人は、
かなりレベルの高い人だということができますね。

それもあってか、合格率自体は
70名中56名(80%)とかなり高めにはなっています。

 

4.学芸員資格認定試験に合格し、1年以上学芸員補として勤務

最後は試験を受けるというものです。

これにも受けるには条件があります。

1.学士の学位を有する者
2.大学に二年以上在学して六十二単位以上を修得した者で二年以上学芸員補の職にあった者
3.教育職員の普通免許状を有し、二年以上教育職員の職にあった者
4.四年以上学芸員補の職にあった者

この試験は筆記試験となっており、
必須8科目・選択2科目です。

109名中68名(62%)が合格しています。

試験自体は普通に勉強さえすれば、
それほど難しいものではありません。

 

スポンサードリンク


 

資格を取っても・・・

最後に、実際に学芸員になることの
難しさについてお話しておきます。

上で述べたように、
資格を取ること自体は
それほど難しいことではないのですが、
就職できるかは別問題です。

学芸員はポストの空きが少なく、
非常に就職難の状況です。

資格が比較的取りやすく
就職が難しい職業としては、
教師なんかもそうかもしれませんが、
就職の難易度はそれ以上に高いと言って
いいと思います。

最近はアルバイトや非常勤が増えているので、
安定した雇用につきたい人にとっては
なおさら難しいと言えそうです。

そういう実情なので
実際に学芸員になるには、
実務経験や人脈等が必要になってきます。

また資格時代は
必要な単位を取って大学を卒業するだけで
もらえるのですが、
実際には修士や博士を持っている人が
優先される傾向にあります。

中には、
倍率100倍を越えるところも珍しくありません。

さらに、必要とされるのは
研究能力だけではありません。

チームで仕事をすることが多いので、
コミュニケーション能力も必要となってきます。

チームで仕事をするのは
我々飛行機の設計士も同じですね。

各々が何を考え、何をしようとしているのか、
お互いに把握し合う必要があります。

こういうわけで、
学芸員とは好きな研究ができる一方で、
非常に大変な仕事だと言えます。

何か意図があってのことだとは思いますが、
山本大臣も「学芸員はがん」だなんて、
軽々しく言っていいことではありませんね。

【関連記事】
山本幸三大臣の失言や疑惑とは!?学芸員はがん??

 

スポンサードリンク


コメント02094 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)


スポンサードリンク