ベランプールはどこ??1986年の状況は??サルーの映画『LION』公開!!

この記事では、
アンビリバボーや映画『LION』で
注目されている
インドのベランプールのことを中心に
書いていきたいと思います。

1:ベランプールの場所はどこ??
2:1986年と現在のベランプール状況は??
3:サルーの映画『LION』と現在のサル―

スポンサードリンク



ベランプールの場所はどこ??

ではグーグルマップを見ながら、
ベランプールの場所を確認していきましょう。

まずインド全土の地図から。


地図の赤い印の場所がベランプールです。

ネパールとの国境
比較的近い場所にあるみたいですね。

インドで大都市といえば、
ニューデリー、ムンバイ、ベンガル、チェンナイ
の4つがとくに有名ですが、
ベランプールからだと
ニューデリーが一番近いです。


とはいえ距離的には、
400km近くあるでしょうか。

1986年当時の移動手段を考えると、
4、5時間は平気でかかると思います。

大都市から遠いということを
考えただけでも、
ベランプールがそれほど
栄えた町ではなかったことが
わかります。

ちなみにサルーが列車でたどり着いた
1600km離れたコルカタの場所は
ここです。


もうちょっといけば
バングラデシュとの国境ですね。

拡大してい見るとこんな感じ。


コルカタは右下にありますね。

ベランプールは左上の
ラクナウのやや北西あたりにあります。

この1600kmの距離を
はるばる列車で移動したわけですね。。

そもそも何時間かかったんでしょうか??

東京-大阪間がだいたい500kmくらいで、
新幹線だと2時間半くらい。

同じスピードだと考えても、
8時間近くかかりますね。。。

当然、当時のインドの列車が、
今の日本の新幹線と同じスピードで
走るわけがないので、
早くとも半日、
もしかしたら丸一日くらい
かかったかもしれません。。

5歳の子供からすれば、
乗っているだけでもしんどいし、
お腹はすくし、眠たいし。。。

何よりどこに向かっていて、
いつ止まってくれるかも
わからないわけですから、
その不安の大きさたるもの
想像以上だと思います。

 

1986年と現在のベランプールの状況は??

ベランプールの現在ですが、
まだあまり経済発展していないのか、
少なくとも都市ではないみたいです。

インドは人口が13.11億人(2015年)おり、
100万都市だけで53都市あるのですが、
少なくともその中の一つには
入っていませんでした。

1986年当時も
かなり貧しい街だったんでは
ないかと思いますね。

つまり、サルーは決して
珍しい境遇にあったせいで
貧しかったというわけではなく、
ベランプールの人々皆が
貧しい生活を強いられていたんだと思います。

まあでもこういうのって、
実際に行ってみないとわからないことも
多かったりしますよね。

インドは生きたい国の一つなんですが、
有名な観光地だけでなく、
こういう場所に行ってみるのも面白いかな
と思いました。

 

サルーの映画『LION』公開!!



このサルーの物語が面白いのって、
もちろんこんな不遇の目にあって
帰ってこれたというだけでも面白いのですが、
その手段がグーグルアースという
現代のITによるものだというところが
すごいですよね。

もしグーグルアースがなければ、
いまだに帰れていない可能性も
あるわけです。

インターネットの力は
先進国の人々にだけでなく、
こういった新興国においても
役に立っているんだということを
教えられたように思います。

そういえば、
現在のサル―の写真がありました。

1981年生まれなので、
35歳か36歳くらいですね。

とても元気で健康的に見えます。


 

 

スポンサードリンク


コメント0987 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)


スポンサードリンク