コモドドラゴンは日本の動物園でも見れる!?人食いって本当?

コモドドラゴンは日本の動物園でも見れる!?人食いって本当?

「世界の果てまでイッテQ」でイモトが最初に戦った相手として有名になったコモドドラゴン。

最強との呼び声も高いコモドドラゴンですが、実際どれくらい獰猛なのでしょうか?

コモドドラゴンの生態や、日本で見れるところはあるのかなどを書いていきます。

スポンサードリンク



コモドドラゴンの生態

コモドドラゴンは全長200~300cm体重約70~120kgの動物です。

別名コモドオオトカゲといい、インドネシアのコモド島やリンチャ島に生息しています。

発見されたのは実はごく最近で、100年ほど前だそうです。

それまでも存在は知られていたものの、ワニの一種だと思われていました。

一見、恐竜のようにも見える風貌で、非常に硬いウロコを持っています。

ただ、それほど走るのが早いわけではなく、本気で走れば人間の方が早いそうです。

加えて、噛む力もそれほど強いわけではありませんが、歯の間に複数の毒管を持っており、噛むと同時に毒を流し込んできます。

コモドドラゴンは他の肉食動物と違い、奇襲攻撃を得意としているので、突然茂みから現れ、獲物に噛み付き、毒を流し込んでいくわけです。。

噛まれた獲物は逃げるしかありませんが、次第に毒が回り、逃げられなくなります。

コモドドラゴンは走るのは早くありませんが、非常にスタミナがあり、どこまでもどこまでも追いかけてきます。

やがて噛まれた方は動けなくなり、コモドドラゴンの餌食となってしまうわけです。

またコモドドラゴンは視力も非常に強く、1キロ先のものまで見えるそうです。

毒が回りながら逃げていく獲物を、ヒタヒタと追いかけながらずっと見ているわけですから、なかなか怖いやつですね。。

 

日本で見れる動物園は??


現在日本の動物園でコモドドラゴンを見れるところはないようです。。

円山動物園には、インドネシアのタマン・サファリから借りられてきたコモドドラゴンがいたときもあったのですが、2010年に返還されたようです。

ちなみにコモドドラゴンが動画のように大人しいのは、天敵がいない環境で育ってきたからだそうです。

つまり、コモドドラゴンは自分自身が最強の環境で育ってきたので、何が起きても動じる必要がないそうです。

強いものほど落ち着いている・・・というのは、人間でも同じような気がします(笑)

 

世界でならどこで見れるのか??

インドネシアのリンチャ島にいけばわらわらいるそうです(笑)

が、流石に怖いと思うので、動物園で見るのであれば同じくインドネシアのスラバヤにあるスラバヤ動物園(通称:死の動物園)で見ることができます。

他にもシンガポール動物園や、ジャカルタのラグナン動物園など東南アジア各所の動物園で見ることが出来るそうです。

興味のある方は是非、見に行ってみてください。

私も一度見に行ってみたいのですが、スラバヤ動物園は過去にコモドドラゴンが逃げ出したことがあるそうなので、ちょっと怖いです。。

 

スポンサードリンク


コメント01557 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)


スポンサードリンク