小田急線が遅延する3つの理由【いまイライラしているあなたへ】

小田急線が遅延する3つの理由【いまイライラしているあなたへ】

小田急線ユーザーの悩み・・・それは

とにかく遅延が多いこと。

朝の通勤ラッシュの時間帯に利用されている方は特にストレスが溜まっていることでしょう。

もしかしたらこの記事を読んでいるあなたは、まさにいま電車がくるのを待っていたり、ギュウギュウ詰めの車内の中で電車が動き出すのを待っていたりするのかもしれません。

なぜそんなにも遅延が多いのか?

理由を知ったところでストレスはそれほど和らがないかもしれませんが、知らないよりはマシでしょう。

そこでこの記事では、小田急がよく遅延する理由を書いていきたいと思います。

スポンサードリンク




 

理由①天候の影響を受けやすい

小田急は路線が非常に長く、新宿から小田原の方まで伸びています。

なので、小田原の方で起きた出来事が原因で、小田急線全体が遅れてしまうなんてこともやはりあるわけですね。

特にそういったことを引き起こす原因となるのが天候です。

神奈川の奥のほうで降った雪や大雨が原因で、経堂に電車が来ないみたいな事が起こるわけです。

東京都内の駅から乗る人からすると、「大雪の影響で遅れている」なんて言われても、「いや全然晴れてるし、嘘つくなよ」って思いたくなることもあると思います。

でも実際に、とぉ~くの方で本当に大雪が降っていて大変なことになっていたりすることがあるわけです。

 

理由②乗客などによって引き起こされるトラブルが多い

まずありがちなのが人身事故ですね。

これは小田急に限らず、どの路線でもあることで、大幅な遅延が起こりやすいですね。

ただ小田急は、人身事故以外でも人によって引き起こされたことが原因で遅延することが少なくありません。

例えば比較的多いのがケンカ

コートが当たっただけで大ゲンカになり、非常停止ボタンを押したみたいなことが結構あるわけです。


なんでしょう・・・相当ストレス溜まっているんでしょうか?

イライラするのはわからなくはないけど、どこかでしっかりセーブしないといけないですよね。

 

ほかにも、野菜が入り込むという珍事件が起きたこともあります。

どうやらじゃがいもが投げ込まれたみたいです。


しっかりじゃがいもが投げ込まれていて、運転手さんが拾っておられますね。

しかも影からは投げたと思われるおじいさんが・・・


はい怖すぎ(笑)

 

理由③そもそも本数が多くて無理がある

普段から数分程度の遅延がよく起きる理由はおそらくこれでしょう。

そもそも無理があるんです。

乗客の数も、電車の本数も。

たくさん乗客がいる以上、路線はギリギリまで増やさないと、通勤ラッシュに対応できません。

ただそうなると、ダイヤにゆとりがなくなるので、ほんの些細なことが全体の遅延へとつながってしまいます。

それこそ、乗客がなかなか電車に乗れず発車が30秒遅れたとか、体調不良のお客さんが出たとか、それだけのことでもいくつか積み重なっていくと遅延が発生してしまうわけです。

もうこれは構造上どうしようもないことなんだと思います。。。

 

まとめ


小田急だって遅れたくて遅れているわけではないのは分かるけど、やはりこれだけしょっちゅう遅れると嫌にもなると思います。

実際、私はもう嫌になってます(笑)

ただ、この遅延と混雑、もしかすると少しましになるかもしれません。

というのも、小田急線の一部区間が複々線化するからです。

複々線化に関する記事はまた書いていきますので、少しお待ちください。

いま駅や満員電車で、電車がなかなか動かずイライラしているあなた。

喧嘩だけはしないようにね(笑)

スポンサードリンク


コメント05848 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)


スポンサードリンク