万博記念公園梅まつり2017の梅の開花状況!!日程やアクセス情報!

万博記念公園梅まつり2017の梅の開花状況!!日程やアクセス情報!

2017年も万博公園梅まつりが開催されますね!

この記事では、2017年梅まつりの日程や、梅の開花状況、見られる梅の種類、万博公園へのアクセスの仕方について書いていきます。

スポンサードリンク



2017年万博記念公園梅まつりの日程は?

2017年の開催期間は2月18日(土曜日)から3月20日(月曜日)までです。

ただし、水曜日は休演日となっておりますので、ご注意ください。

時間は9時半から17時(入園は16時半まで)となっております。

 

梅の開花状況(随時更新)

2月6日現在で、咲き始めのようです。

中旬くらいになればもう少し開いてくるでしょうか。

ただ、梅が最もきれいに見れる時期は基本的には3月上旬ごろとなっていますので、そのころに訪れるのが一番ベストかと思います。

実際、2016年や2015年は3月4日~10日くらいが最も見ごろだったようですね。

平日は忙しいのであれば、4日と5日が土日なので、そのどちらかに行くのがいいと思います。

こちらの開花状況は随時更新していきますね!

 

梅の種類

万博公園内は大きく分けて、自然文化園エリアと日本庭園エリアに分けることができます。

自然文化園エリアでは約120種類の品種を、日本庭園には約40種類の品種を鑑賞することができます。

これだけたくさんあると、梅といっても品種によって全然違うんだなということが分かると思います。

ここでは代表的なものをいくつか紹介しますね!

 
  1. 鴛鴦(えんおう)
  2. 唐梅(からうめ)
  3. 鈴鹿の席(すずかのせき)
  4. 緋梅(ひばい)
  5. 夏衣(なつごろも)
どうでしょう、同じ梅でも好き嫌いが出てきませんか?(笑)

ちなみに私個人的には、緋梅(ひばい)が一番のお気に入りです。

万博公園には全部で160種類の梅が咲くので、なかなか探すのが大変ですが、何とか探してみようと思っています!

 

万博記念公園へのアクセス

最も多いであろう電車で行く場合を想定して書いていきます。

電車で行く場合は、上の地図で分かるように、大阪モノレールの「万博記念公園駅」か「公園東口駅」が便利です。

大阪モノレールへの乗り換えは、
  • 阪急宝塚線の蛍池駅
  • 阪急千里線の山田駅
  • 阪急京都線の南茨木駅
  • 地下鉄谷町線の大日駅
  • 地下鉄御堂筋線の千里中央駅
  • 京阪本線の門真市駅
から可能です。

新幹線の場合は、新大阪駅から地下鉄御堂筋線で千里中央駅まで行くことができます。

万博記念公園駅と公園東口駅のどちらで降りたとしても、目の前が万博公園です。

後は公園内のマップに従って散策を楽しんでいただけたらと思います!

ただ、梅まつりの会場となっているのは以下の青い所なのでおさえておいてくださいね。

スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)


スポンサードリンク