安藤和津の華麗なる家系!!犬養毅に奥田瑛二、緒方貞子まで!?

安藤和津の華麗なる家系!!犬養毅に奥田瑛二、緒方貞子まで!?

(※写真は東条英機です)

安藤和津さんは1948年3月6日生まれで現在(2017年2月)68歳になられました。

テレビで見たことがある方も多いと思いますが、エッセイストやタレントとして活躍されています。

メジャーな番組でいうと、『情報ライブ ミヤネ屋』で見られた方も多いんじゃないでしょうか?

私は大阪にいたころ、『たかじんのそこまで言って委員会』でよく見ていたのを覚えています。

あの番組は、過激な発言をしがちな男性の評論家がたくさん出ているような番組だったのですが、その中であっても安藤さんは、臆することなく自分の存在感をしっかり出していました。

安藤さんの堂々としたオーラ、そして政治的な話題やデリケートな話題にもしっかりと自分の意見をもってズバッと切り込んでいける姿勢というのは、やはり特殊な家系や育ちに秘密があるんだと思います。

知っている方も多いと思うのですが、安藤さんはなんとあの元内閣総理大臣である犬養毅の孫にあたるんです。

犬養毅の祖先が現存しているとうことにまず驚きですよね。。

そして、安藤さんの家系ですごいのは犬養毅だけではありません。

ここではそんな『華麗なる家系』の登場人物を何人か紹介したいと思います。

スポンサードリンク



安藤和津の祖父:犬養毅

まず祖父に当たるのが犬養毅です。

犬養毅は、1931年から1932年に内閣総理大臣をつとめた人物です。

そのほかにも外務大臣や内務大臣など様々な大臣を兼任しています。

犬養の基本姿勢は、それまでの藩閥政治を否定し、政党政治を確立しようというものでした。

また、言論の自由の重要性を先頭に立って唱えた人物でもあります。

しかし最終的には、5・15事件で海軍の青年将校に暗殺されてしまうわけですが、その将校相手にも「話せば分かる」と言ったというのは、有名な話ですね。

 

安藤和津の旦那:奥田瑛二

奥田瑛士さんは、俳優であり映画監督です。

80年代は火曜サスペンスによく出ていたようですね。

最近は大河ドラマによく出演されており、『八重の桜』『花燃ゆ』に出演されていました。

あ、あと映画だと『るろうに剣心』『世界から猫が消えたなら』に出ていて、映画館で見たのを覚えています。

 

安藤和津の娘:安藤桃子と安藤サクラ

長女である安藤桃子さんは映画監督として活躍されています。

ニューヨーク大学に留学し、映画を学んだそうですね。

そして、次女である安藤サクラさんは女優として活躍されています。

最近だと『ゆとりですがなにか』というテレビドラマに出られていたのを見ましたね。

また、桃子さんが監督を務めた作品『0.5ミリ』では主演として出られていました。

ちなみに、サクラさんの夫も俳優の柄本佑さんです。

『医龍』に出られていたのを見た方も多いのではないでしょうか?

 

安藤和津の従妹:緒方貞子

緒方貞子さんは、世界でもっとも有名な日本人と言われたりもしますが、国連難民高等弁務官や国際協力機構(JICA)の理事長を務めた人物です。

現在はJICAで特別顧問を務められています。

緒方貞子さんまでが家系に含まれているなんて、本当にすさまじいですね。。

 

安藤和津はなぜ政治家にならなかったのか?

個人的に気になるのは、なぜ安藤和津さんは政治の道へ進まなかったのかということです。

祖父は犬養毅、そして父親である犬養健も法務大臣を務めた大物政治家です。

このような家系に育っていれば、三世として政治家になっていてもおかしくないはずです。

なぜ政治家ではなく、タレントの道へ進まれたのでしょうか?

それはやはり、祖父である犬養毅も、父親である犬養健も、決して政治家としての最後をいい形で迎えることができなかったことに関係しているのではないかと思います。

犬養毅は、5・15事件で海軍の将校たちに暗殺されてしまいました。

犬養健も、佐藤栄作の収賄容疑で逮捕されそうになったり、実際に起訴されたりしながら、印象の悪い形で政治生命を絶たれました。

そのような祖父と父を見て、和津さんは政治の世界に嫌気がさしてしまったのではないでしょうか?

とはいえ、タレントとして立派に活躍されていることや、和津さんの娘さんも映画監督や女優として活躍されているところを見ると、やはりサラブレッドの子はサラブレッドなんだなと強く感じました。

 

スポンサードリンク


コメント02158 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)


スポンサードリンク