帝一の國(映画)のネタバレ!!舞台挨拶や試写会、公開日は??

帝一の國(映画)のネタバレ!!舞台挨拶や試写会、公開日は??

この記事では、映画『帝一の國』のネタバレや、
舞台挨拶・試写会、公開日などの情報について書いていきます。

スポンサードリンク



帝一の國の原作(ネタバレ有り)

『帝一の國』は
学校での生徒会選挙をめぐる闘争を
コメディちっくに書いた漫画
です。

原作は古屋兎丸に書かれた漫画で、
『ジャンプSQ.19』『ジャンプスクエア』に掲載されていました。

漫画は全14巻で、すでに完結しています。

漫画自体のあらすじはすでにほかの人が
色々と書いているのでここでは書きません。

それより、映画自体のあらすじを書きたいなと思っています。

ただ・・・

当然ながら、公開されるまで
はっきりしたことは書きようがありません。。。

見たらすぐに書くのでお待ちください。

とはいえ、これまでもたくさんの漫画が
映画になってきているので、
それらの傾向から予測することはできます。


ここからは私の個人的な予測として
見てもらえたらと思います。

当たってたらネタバレということになるので、
注意してください(笑)

まずストーリーの大まかな流れは変わらないでしょう。

漫画が映画になる場合、その世界感だけを引き継ぎ、
ストーリー自体は大きく変わってしまう場合もあります。

ただそういうのって、
ワンピースとかドラゴンボールとか
戦い系の漫画に多いですね。

主人公がいてそいつが最後に勝ちさえすれば、
敵は誰であろうと関係ないわけです。

それに対して、帝一の國のような漫画の場合は、
戦いの過程が重要なのであって、
最後に選挙に勝ちさえすればいいというわけではありません。


原作の漫画が大好きな方からすれば、
ここは絶対に映画でも再現してほしい
というような名場面もいくつかあると思います。


そういうポイントをしっかり踏まえつつ、
ストーリーの流れを壊さずに、
2~3時間の枠に収めるということが特に重要になるわけです。

と、なると映画でも大まかなストーリーの流れは
  1. 帝一は1年生の時から選挙を睨んで動き始める
  2. 氷室ローランドの下につくものの、父親同士の因縁に気づく
  3. それがきっかけとなり、森園派にうつる
  4. 選挙制度の変更や、新しく入ってくる一年生に翻弄される
  5. 最終的には、漫画の最終回の展開で、帝一は負け、弾が勝利
という感じになるのではないでしょうか。

ただもしかすると、最後の選挙で帝一が勝ち
ハッピーエンドになるかもしれませんね。

その場合、漫画の最後にある
帝一が本当の国会議員になっている描写は
なくなっていると思います。

あくまでも私の個人的な予測なので、
実際のところは映画を見てからのお楽しみ
ということでお願いします!

【関連記事】
永井聡監督(帝一の國)の代表作品やプロフィールをチェック!!

 

 

スポンサードリンク


 

公開はいつから?



予告編だけを見ても、面白そうですし菅田将暉さんらしい役柄ですね(笑)

個人的には民生に出てた頃の神田さんを思い出します。

映画の公開は4月29日からとのことです。

公式ツイッターを見ている限りでは、今は編集作業を進めているようですね。

 


収録自体は既に終わっているのでしょう。

今から公開が楽しみですね!

 

舞台挨拶や試写会の予定は?

さて、舞台挨拶や試写会の日程ですが、試写会の予定を見つけることができました。

①映画試写会
・場所:ニッショーホール
・日程:4月21日 18:30~
・招待者数:365組730名
・応募方法:官製はがき
・応募先:りぼん4月号、少年ジャンプ12月号、ジャンプスクエア4月号など
(詳しくはhttp://www.wakuwaku21.com/tokyo/index-to-329.htmlを参照してください)

②完成披露映画試写会
・場所:都内某所
・日程:4月
・招待者数:50組100名
・応募方法:web
・応募先:http://www.teiichi.jp/

今のところわかったのは上の2回ですね。

また、試写会ではないですが、雑誌にもインタビュー記事が続々と出始めています!

2月15日発売の『TVStation』、『QLAP』、18日発売の『CUT』、22日発売の『ぴあMovie Special』
などですね。

結構ページを割いている雑誌もあったので、本屋でチェックしてもらえたらと思います!

 

スポンサードリンク


コメント05001 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)


スポンサードリンク