交川陽子(オートレーサー)は元高校教師で柔道部!?サンボって何!?

交川陽子(オートレーサー)は元高校教師で柔道部!?サンボって何!?

現在オートレーサーの候補生として
日々練習に励んでいる交川陽子(まじかわようこ)さん
という方がいます。

オートレーサーになるには
倍率21.8倍という厳しい試験に
合格しないといけません。

交川さんはこの厳しい試験に
合格者の平均年齢21歳という中で
27歳にして合格を果たします。

しかも
33期候補生20名(女性は7名)のうちの一人で、
唯一の特例合格だったそうです。

特例合格とは、
基本的な合格水準は見たいしていないが、
「過去の秀でた活躍」を認める形で
合格にするというものです。

この記事では、
その「過去の秀でた活躍」に関してだけでなく、
交川さんのこれまでの経歴や
オート―レーサーになった理由、
さらには安定を捨て夢を追うということに
対する私なりの見解なんかを
書いていきたいと思います。

スポンサードリンク



交川陽子さんの高校教師時代

交川さんはオートレーサーになる前、
なんと高校で体育教員をやっていたそうです。

その高校とは大阪にある履正社高校

私は大阪出身なのですが、
履正社高校と聞けば
だれでも名前くらいは知っているような、
有名な高校です。

というのも、
スポーツがめちゃくちゃ強い高校なんです。

特に強いのが野球

これまでに
春の甲子園に6度、夏の甲子園に3度
出場しています。

今年の春の甲子園にも出場しますね!!

OBにはオリックスで活躍するT-岡田や、
2年連続トリプルスリーを達成した山田哲人
がいます。

そんなスポーツ強豪校で
交川さんは体育教師として、
そして柔道部顧問として働いていたそうです。

 

柔道部顧問だった交川さん

女性で柔道部顧問ってすごくないですか?

なんでも小学生から
15年柔道をしていたそうです。

男でも非力な奴だと
簡単に投げられてしまうんだろうな・・・(笑)

そんな交川さんですが、
あるとき、体育の指導の一環になればと
サンボという競技を見学に行ったそうです。

そして、それがきっかけとなり、
交川さんの闘争本能に火が付くこととなります。

実はこのできごとが、
オートレーサー候補生に合格したことと
関係があるんです。

では、サンボとはどういった競技なんでしょうか??

 

スポンサードリンク


 

サンボとは何??

サンボとは、柔道とレスリングを
掛け合わせたような競技なんだそうです。

交川さんはこのサンボという競技を、
指導のために見に行ったものの、
自分自身がはまってしまい、
大会にも出るようになって、入賞したりしたそうです。

よっぽどスポーツをプレイすることが
好きなんですね!

そしてこのサンボで実績を残していたことが、
オートレーサ試験の特例合格につながったんです。

上に書いている「過去の秀でた活躍」とは
このことだったんです!

 

安定した仕事を捨てて夢を追うこと

交川さんがオートレーサーになった理由は、
「生徒に指導するのもやりがいがあったが、
自分自身がプレイヤーとして
戦いたい気持ちが強くなった」
からだそうです。

おそらくサンボを始めた時も
同じような理由だったんでしょう。

でも、実際に安定した教師という仕事を捨て
プロの世界に飛び込んでいく
というのはすごい勇気ですよね。

たぶん、交川さんは
自分の中でメラメラと気持ちが燃え始めると
とにかくそれにむかって
突き進むタイプなんでしょうね。

多くの人はそこでリスクを計算して、
より安全な方向へ行こうとしますが、
交川さんにはそんなストッパーは
ないのでしょう(笑)

でも、夢をかなえたり
大きなことを成し遂げる人って
みんなそういう人なんじゃないかなと思います。

私は交川さんほど立派な人間ではないですが、
「生徒の指導より、プレイヤーになりたい」
という気持ちは実はよくわかるんですよね。

というのも、
私は大学時代に塾の先生をしていて
そのまま教師になろうと思っていたんです。

でも、日々勉強を頑張る生徒たちを見て、
「子供たちがこんなに頑張っているのに、
自分が教師という楽な選択をしてもいいのかな」
という気持ちがわいてきました。

これは別に教師という仕事が
楽な仕事だといいたいわけではありません。

私は子供に勉強を教えるのが得意だったので、
そういう意味で私にとっては楽だった
という意味です。

まあそんなこんなで私も就職活動を始め、
大手メガバンクに
就職することとなったんですね。

なので、交川さんには
勝手に親近感を覚えています(笑)

これからのオートレーサーとしての
活躍が楽しみですね!!

 

スポンサードリンク


コメント0661 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)


スポンサードリンク