若林将平の通算本塁打が驚愕!!身長や中学などプロフィールはこちら!!

若林将平の通算本塁打が驚愕!!身長や中学などプロフィールはこちら!!

春の甲子園の時期が近づいてきました!

このブログでは、
2017年代注目の選手を
何人か見ていきたいと思っているのですが、
その第一弾が履正社の若林将平です。

彼のこれまでのプロフィールや
通算本塁打についてみていきます。

スポンサードリンク



若林将平の身長や中学などプロフィール


なかなか威圧感のある構えをしますね。

身長181cm体重86キロ
がっしりした体格をしています。

若林くんは大阪府出身で、
今年2017年に高校三年生になります。

4番バッター兼キャプテンとして
チームを引っ張っていく存在です。

野球を始めたのは小学校3年生の時で
小学校時代は、都島タイガースに所属し、
投手をしていたそうです。

そして中学は、大阪市立都島中学校に進み、
「大淀ボーイズ」のメンバーとして
活躍しました。

「大淀ボーイズ」は
少年野球の全国大会に出場するほどの
強豪チームです。

面白いのは、この時のポジションが
キャッチャーだったということ。

ピッチャーからキャッチャーへの転向は
あまり聞いたことがないですね。

ピッチャーはあまり好きではなかったのか、
それともピッチャーとしては
才能が開花しなかったのか
理由は定かではありません(笑)

そして履正社に進んでからは、
レフトとして出場することになります。

おそらく守備以上に
バッティングがかわれての
ポジション移動でしょう。

では高校ではどのくらいの活躍を
見せてくれているのでしょうか!?

 

通算本塁打は何本!?



軽々と豪快なホームランを
打っているように見えますね!

若林のすごいところは、
とにかくスイングスピードが早いこと。

そのスピードは高校入学前の時点で、
すでに142kmを超えていたそうです。

これはプロの平均レベルの
スピードと言われているので、
かなり早いですね!!

ちなみに高校生の平均スピードは
120kmほどなので、
どれだけ早いかは明らかです。

履正社の監督によると、
ボールを飛ばす力は
高校時代の山田哲人以上だそうで、
将来的なパワーヒッターとしての活躍が
予感されますね。

ちなみに山田哲人がプロになってからの
スイングスピードは158kmなので、
若林はどこまで早くなるんでしょうか(笑)

そんな若林の高校での通算本塁打数は
現時点(高校2年春の甲子園前)で18本

これは11本の柳田を既に超える数字です。

一体ここからどれだけ
伸ばしていくのか非常に楽しみです。

順当に行けば35~40本は硬いですね!

とはいえ60本を売った松井秀喜など
まだまだ上には上がいます。

1本でも多く打って、
プロのスカウトにアピールして
欲しいなと思います。

 

2017年のドラフトはあるか!?

結論からいうと、
可能性はあると思います!!

走塁や守備がそこまで
秀でてるわけではないことを考えると、
バッティングを期待されての指名に
なるんじゃないでしょうか。

そのためには春の甲子園以降、
3年生の一年間でどれだけ
アピールできるかが
大切になってくると思います。

ただ一方で心配なのが、
過去に何度か怪我をしていること。

それを乗り越えて
結果を出しているというのは、
ひとつの強みにもなるかもしれません。

しかし
そもそも怪我をしやすいというのは
やはりマイナスポイントでしょう。

そのマイナスポイントを
帳消しにするくらいのアピールが
どれだけできるかが重要になると考えられます。

[高校野球の関連記事]
櫻井周斗の中学と小学校は??お父さんにも注目!!通算成績がすごい!!

 

スポンサードリンク


コメント0707 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)


スポンサードリンク